パナソニックのフルサイズミラーレスが動画機能が優秀だと言われている理由がわかりました。


パナ祖日課が新しいフルサイズミラーレスカメラを9月25日に発表するだろうと何度も述べてきた。そして、いくつかの仕様しか明らかになっていない。恐らくこれが、いくつかの噂を重複して得たり、情報が正しくない理由だ。以下に記述するのが最新の情報だが、その情報が正しいかどうか信頼できる情報筋から確認することができなかった。

  • HEVC & H.264対応
  • 8k録画に対応(30p、10ビット出力?)、これがフルサイズセンサーになった理由
  • 他の録画モードは2k(240p)、2.7k、4k(120p?)、6k(60p?)
  • アナモフィック撮影者のためのスーパー35mmモード
  • ProResRawはファームウェアのアップデートで対応
  • 特別なローライトモード
  • 写真の機能はG9に匹敵
  • AIによるオートフォーカス、または次世代の空間認識AF。ここは機能強化が期待できる
この噂は20~30%の可能性であることを覚えていて欲しい。

(記事を意訳しています)


 パナソニックのフルサイズミラーレスに関する噂です。ニコン、キヤノン、ソニーに続いて、パナソニックもフルサイズミラーレスに参加するという噂がでています。噂によれば、パナソニックのフルサイズシステムにはオリンパスは参加せず、ライカが何らかの形で参加するのでは?と言われています。ライカが採用するフルサイズミラーレスのマウントを採用するかどうかは、まだ不明のようですね。
 今回の噂は主に機能に関するもので、様々な録画に関する噂があります。パナソニックがフルサイズミラーレスを開発するようになったのは、8kビデオを録画できるようにするためというのが噂になっているようですね。
 いまだパナソニックのフルサイズミラーレスに関しては懐疑的な意見も多いようですが、本当に発表されるのでしょうか?25日に発表ということで、あと一週間になるわけですが、気になりますね。
 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://www.43rumors.com/ft2-some-more-unverified-panasonic-ff-specs/